浅草をめぐる日本語情緒<2> 浅草が「鬼滅の刃」の聖地に!

コラボ企画のメイン会場である浅草ビューホテルアネックス六区

浅草をめぐる日本語情緒<2>

浅草が「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の聖地(せいち)に!

浅草のあちこちに、炭治郎(たんじろう)、禰豆子(ねずこ)、無惨(むざん)……の姿が!

7月16日(金)、「『鬼滅の刃』×浅草コラボイベント」が始まりました。9月26日(日)まで、さまざま々なイベントが予定されているようです。

人気アニメ『鬼滅の刃』に浅草の街が出てきます。大正(たいしょう)時代の設定なので、1910年代、20年代ということになるのでしょうか。仲見世通り(なかみせどおり)のにぎやかな夜の雰囲気(ふんいき)に、主人公が圧倒される様子が描かれています。

その背景となっている建物の佇まい(たたずまい)が、実によく再現されていると評判です。ですが、浅草を象徴(しょうちょう)する雷門(かみなりもん)の大提灯(ちょうちん)が、そこには描かれていません。大正の当時、雷門がなかったからです。それ以前に焼失(しょうしつ)されたまま、再建(さいけん)されていなかったのです。

1960年に松下電器(現パナソニック)の松下幸之助の寄付(きふ)により、再建されました。95年ぶりの設置だったそうです。

浅草は火災や震災、戦災を乗り越え、昔ながらの文化を受け継ぎつつ、さらに新しい文化を包み込み、見事に独特な文化の薫(かお)りを醸(かも)し出してきました。

『THE下町情緒(じょうちょ)』(交通新聞社)では、浅草を「大きな煮込み(にこみ)用の鍋(なべ)」にたとえ、次のように言っています。          

大鍋のなかには実に様々な具が顔を見せる。正統的観光物産ストリート・仲見世、東京最古の寺・浅草寺、庶民のパラダイス・花やしき、娯楽(ごらく)の聖地・六区ブロードウェイ、無法地帯の雰囲気漂(ただ)うダービー通り、そして祭りに花火、軒(のき)を連(つら)ねる飲食店、人情あふれる下町情緒……と〝浅草鍋″の具(ぐ)は、およそ数え切れないし、確認もし切れない。

『THE下町情緒』(交通新聞社)

上記に「娯楽の聖地」とありますが、浅草六区に立つ「浅草ビューホテルアネックス六区」が、今回のコラボ企画のメイン会場です。

初日の16日には多くのファンが同ホテルに足を運んでいました。

「聖地」の「聖」は「ひじり」と読むことがあります。これは「日知り(ひじり)」から来ているという説が有力だそうです。

太陽の運行をはじめ天文(てんもん)を知り、天候を知り尽くした賢人の意味でしょう。

また「火知り(ひじり)」という説もあります。火を管理する貴人の意味でしょうか。

いずれも、人々の尊敬を集める超人のイメージです。

「聖地巡礼(じゅんれい)」と言えば、本来は宗教的な聖なる場所をめぐる行為です、それが今や、アニメなどの舞台(ぶたい)をファンが訪れるツァーへと意味が広がっています。

この「聖地巡礼」すなわちアニメの舞台探訪(たんぽう)について、「コンテンツの中で描かれている物語世界と現実に存在する場所とを結びつけようとした試(こころ)み」(大石玄「アニメ《舞台探訪》成立史・新訂版:いわゆる《聖地巡礼》の起源と紀元」)と分析している学者もいます。

今、また一つ、浅草という大鍋に、『鬼滅の刃』という新しい具材が加わりました。「巡礼」に訪れ、アニメの世界観の醍醐味(だいごみ)を味わう人々が、これから後を絶(た)たないことでしょう。

そう言えば、浅草という地名の由来に「聖地」説があるのをご存じでしょうか。

定説は、「茅(ちがや)や芝草(しばさく)ばかり生(お)い茂(しげ)っていた草原であったところから、京都の深草(ふかくさ)に対比して、浅草の地名が生まれた」(『台東区史 通史編Ⅱ』台東区史編纂専門委員会)というものです。

しかし、興味深(きょうみぶか)い説として、チベット語の「アーシャークシャ」(「アーシャー」は所在地、「クシャ」は茅または聖)に由来すると唱(とな)えている人がいます(同書)。

すなわち「聖者のいます所」です。

まさに「聖地」ここにあり、というわけです。